在宅介護になって 気が付いた家の不都合

バリアフリー工事も介護保険給付の対象って知っていましたか?

我が家の場合、突然母が転倒してから介護生活がスタートしました。

ですから、家の環境は、何となくバリアフリーになっている

程度というのが実情で、実際介護生活をスタートしてみると

そこも ここも気になるところが続出です。

室内用の車いす、介護用品が使えない等々。

 

そこで、そうだリフォームをしようと思いついた訳です。

一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、

住宅をバリアフリー仕様にリフォームする費用が

介護保険給付の対象となることを思い出したのです。

ただ、この制度を利用するためには様々な条件があり

すべての住宅改修の費用が補償されるわけではありません

のでその点は要注意ですが。

この制度を利用できるのは介護保険の被保険者で、

要支援もしくは要介護の認定を受けた方のみです。

また、この制度が適用される改修工事の種類が決められていて、

それ以外の工事は補償の対象にはなりません。
具体的には
①手すりの取り付け
②床段差の解消
③すべりの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更
④引き戸等への扉の取り換え
⑤洋式便器への便器の取り換え

そして、上記の工事に付帯して必要となる住宅改修のみが補償の対象となります。
改修費用は全額補償されるわけではなく1割が自己負担となります。
また支給限度額は20万円となっています。

確かに20万円は有難い金額です。

しかし、実際には20万円以上のリフォーム代金がかかって

しまうのが実情のようです。
また、注意しなければならないのが、

この制度を利用するためには事前に住宅改修費支給申請書や

ケアマネジャーが作成した理由書などの書類を

市区町村に提出する必要があるのです。
必ず、工事着工前にケアマネジャーに相談することが

必要になってくるわけです。

もういつになったらリフォームがスタートするの?

と泣きが入りそうになってしまいました。

 

そこで最後にもう一度私が言いたいことは

介護される人にとっても 介護する家族にとっても

ケアマネージャーの存在は、サービスを構築してくれる

だけの存在でないのです。

 

折れそうな心をサポートしてくれる

大切な存在です。

経験の豊さと、共感力の高さ、

何よりも信頼できる人柄。

そんなケアマネージャーにやっと出会えた

我が家は本当に恵まれていると思います。

1か月に一回のヒアリングの度に

母も私も、ケアマネージャーに

カウンセリングを受けているような気分になります。

それと同時に多くのことを学ばせて頂いています。

 

母も、日に日に目に力が戻ってきています。

やっぱり介護はプロから学ばなければと

思う今日この頃です。