古民家の魅力

2016-04-20 16.07.27 HDR-2

 

古い日本の住居。

いわゆる古民家は、空間が広く、天井が高く、

風通しの良い、日本ならではの建物です。

 

数年前から、お付き合いのある、NPO法人矢部川流域プロジェクト

https://www.facebook.com/yabegawa/

有機建築建材研究所の代表 石永節生氏が、

3年の歳月をかけて、古民家再生に尽力され、

昨年、「ちっご古民家ヴィレッジ

https://www.facebook.com/

%E3%81%A1%E3%81%A3%E3%81%94%E5%8F%

A4%E6%B0%91%E5%AE%B6%E3%83%B4%E3%

82%A3%E3%83%AC%E3%83%

83%E3%82%B8-597709503730933/?fref=ts

として、オープンされたことは、

折々のやり取りで存じておりましたが、

この4月、念願の訪問をすることができました。

 

 

この古民家は、もともとは、明治20年頃、

菜種油を営みとしていた住宅。

場所は、福岡県筑後市溝口という場所にあります。

2016-04-20 18.08.44

 

 

外壁は、白が美しい「有明海の貝殻しっくい」塗り。

この貝殻しっくいは、家の内部にも使用されています。

内部のたたみは、「合鴨有機本畳」。

 

美しい飴色になった木部と白いしっくい壁は、

元祖モダンデザイン。

そして、なにより

日本の家は、力強く美しい

と、教えてくれる古民家です。

2016-04-20 18.09.50

2016-04-20 18.08.30

 

一昨年は、古民家で使用されている、

これら天然の素材を生産加工している現場を、

訪れ、素晴らしい魅力をたくさん学びました。

 

 

しかし、年々減少する生産者の方々。

日本の大切な素材が、消えてしまわないように、

なんとか、守り続けることはできないかと、

考える日々です。

2016-04-20 18.10.35

 

 

私ができることの、「その一」は、

「発信」すること。

その魅力は、訪れた人が知ることができる。

この古民家の魅力と、使用されている天然素材の

生産現場の見学など、開催できる

古民家ビレッジツアーが開催できないかと、

実現に向けてに動いてみたいと思っています。

 

 

現在、この古民家は、石永氏と志のある女性二人で、

ゆるゆると運営されており、

多彩なイベントが、時折、開催されています。

2016-04-20 18.09.21

 

またこの周辺は、豊かな自然にあふれていて、

近くには、炭酸水が自噴している、

鉱泉場もあります。

2016-04-20 15.34.49

2016-04-20 15.17.47 s

天然素材や、健康な家づくりに興味がある、

また、建築的にも魅力ある

この古民家の見学に行きたい方、

是非お知らせください。

そういう方々とのつながりができれば、

古民家ビレッジツアーが実現できると思います。

ご興味がある方は、

info@act-space.com

平野までおしらせください。